バイトの労働条件

古川愛哲 「九代将軍は女だった!」 の読書感想。

古川愛哲 「九代将軍は女だった!」 講談社+アルファ新書

古川愛哲 「九代将軍は女だった!」 講談社+アルファ新書


非常に、ショッキングな題名である。

それゆえに、こういった眉唾本は手にさへ取らない、という人もいるだろう。
一方、私はこういった本は大好物。
新説異論は無茶な論拠もあるが、得てし一聴に値する話も多い。

書名「九代将軍は女だった!」もまさにそうで、
徳川幕府第9代将軍家重は、謎の多い将軍である。

ちょっと歴史が好きな人なら思い出すだろうし、
「徳川家重」を画像検索してみるとすぐ出て来る。

梅干すっぱい・困ったなぁ、なんて顔をした肖像画が出てくるが、
「肖像画」でさへ、恐れ多くもかような絵を残したというには、
何か理由があったはずだ。

もう一つ、筆者は科学的考察を試みている。
昭和42年刊行「増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体」(東京大学出版)の
発表データにより検証を試みているのだが、確かに著者のように疑って
読み込めば不審な気もするし、疑い過ぎとも云える。

ただ、もっとも説得力に欠けるのは、次の第10代将軍への血統だ。

第9代に一人も児がなく、弟や従兄弟などが第10代を継いだのなら
その信憑性は増すが、第10代は第9代の息子となっている。

女性将軍が男と偽り続けて、子供まで秘密裏に産むことは実際不可能。

百歩譲って産んだとしても、もうそれは女系徳川であって、
男系徳川とは言いがたい。そこまでして、男系徳川を潰してまで
家重を第9代にしただろうか、あの賢君吉宗が。

女将軍考察は全体の四分の一。
あとは江戸時代の驚き話がいろいろ開陳されている。
何はともあれ、そういった疑い方もあるのだな、と面白く読んだ。


  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

関連記事
スポンサーサイト
古川愛哲九代将軍講談社+アルファ新書

Comments 0

Leave a reply