バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

山田風太郎 「死言状」 の読書感想。

山田風太郎
  • comment0
  • trackback0
山田風太郎  「死言状」  角川文庫


山田風太郎  「死言状」  角川文庫


歴史小説を週1冊ペースでゆっくり読んでます。
当たりハズレもあるので、面白かった本だけ紹介したいと思ってます。
いや、つまらんかったら腹が立つので書きなぐるかも。

私は南條範夫と海音寺潮五郎の作品コレクターなんですが、
この両人ばかりを読んでいては、他の宝物を知らずに過ぎますので、
いろいろ手に取ってます。

そんな中、最近、山田風太郎を読み出してます。
今まで、彼の作品はなんとか忍法帖といった荒唐無稽な
作品イメージが強くて敬遠してたんですが、明治モノの面白さで開眼。

戦国時代・江戸時代・幕末維新モノの作品は山ほどありますが、
明治維新も落ち着いた明治時代以降の作品はいろんなシガラミが
あるのか、作品が少ないです。

そこをこの天下の奇人がたくさん書いてますので、
みなさんも読んでみてはいかが。

今回の「死言状」は随筆集みたいな老人のぼやき漫才です。
博識な人の随筆は面白いものですが、この人のエッセイは実に愉快。
ものの見方も変ってるし、彼の行動そのものが奇行なのに、
本人は至って真剣。

笑える話が満載です。
しかし後半は自分が死んだら...という内容が多くなります。
彼が死ぬ死なないには関心低いんですが、
死ぬ時になんと言って死のうか、
とグダグダ語ってます。

でも何故か暗くならないのが、彼の不思議な魅力です。


 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply