バイトの労働条件

池宮彰一郎 「その日の吉良上野介」 の読書感想。

池宮彰一郎  「その日の吉良上野介」  新潮文庫


池宮彰一郎  「その日の吉良上野介」  新潮文庫


面白そうなタイトルじゃないですか!
池宮氏の本は初めてだったんだけど、題名に引かれて読みました。
忠臣蔵ものは山ほどあれど、本書も新しい角度から
光を当てた興味深い出来となっている。

お恥ずかしい話ですが、私、池宮氏の著作は本書が始めて。
今頃どうして?と云われても返す刀もありません。
読んでみて思ったことは、早々に他の著作も読みたいっ、
内蔵助や安兵衛は各書で語られているが、千馬三郎兵衛(千里の馬)や
木幡信兵衛(下郎奔る)を主人公に語った読み物は珍しいのではないだろうか?

表題作の「その日の吉良上野介」は当然面白いが、
上野介も彼なりの言分があるわけで、
歴史を公平に俯瞰できる意味でも本書はお薦めです。

解説によれば、「四十七人の刺客」「四十七人目の浪士」に続く
三部作目が本書なので、どうせなら「四十七人の刺客」から読書したら良かった。

ただし全て独立した作品のようなので、これ単独でも十分堪能できます。


 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト
池宮彰一郎吉良上野介新潮文庫

Comments 0

Leave a reply