バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

南條範夫 「孤高の剣鬼」 の読書感想。

南條範夫
  • comment0
  • trackback0
南條範夫  「孤高の剣鬼」  徳間文庫


南條範夫  「孤高の剣鬼」  徳間文庫


南條氏は世界で一番好きな作家だが、作品の出来不出来があるのが残念。

本書は戦国初期から明治までの8人の剣士の短編集だが、作品の質が凸凹。

塚原卜伝、香月勝之進、松倉左次郎、伊藤一刀斎、
戸田清玄、沖田総司、山岡鉄舟、欅三十郎の8名。
卜伝は2編に登場するので、全9編の中・短編集。

卜伝、一刀斎、総司、鉄舟は有名ですが、他の4人についての物語は始めて。
本書が不出来だと申したのは、最初の一遍「塚原卜伝」(108項)が
中篇ながらつまらなかった為。

しかしその後の8編は短編で面白かった。
この中短編集は南條氏初期の作品集で、どんな偉大な作家も初期(といっても四・五十代)
作品は試行錯誤なんだなぁ、と思わせる。

また、この短編を氏はのちに、長編化させている。
伊藤一刀斎は「剣の舞」、江戸っ子旗本(山岡鉄舟)は「山岡鉄舟」(全3巻)となっている。
欅三十郎は欅一十郎と名を変えて?「一十郎とお蘭さま」(文春文庫)として、
昨年文庫化されたので、現在も書店で入手可能です。

最後に。
南條氏は残酷物で鳴らした作品も有名。
本書では「不肖の弟子」「霞の太刀」や「剣獣」がそれに充たろう。
また、最後の「欅三十郎」も被虐物で、なんでここまで堪えるんだろう、と面白い。
「牡丹と薔薇」みたいに、昼メロでドラマ化したらウケルこと間違いない。


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply