バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

白石一郎 「おんな舟」 の読書感想。

白石一郎
  • comment0
  • trackback0
白石一郎  「おんな舟」  講談社文庫

白石一郎  「おんな舟」  講談社文庫


題名でヘンな事を考えた人、いませんか?
黒田藩江戸総目付の十時半睡というお爺ちゃんが主人公ですので、あしからず。

「十時半睡事件帖」シリーズ第6巻で、文庫本としては最新作。
単行本としては、講談社より第7巻「東海道をゆく」が出てます。
オモシロそー。

総目付といっても、ご隠居に毛が生えた様なもんなのだが、
味のあるお裁きで捕り物帖というより人情モノといえる。

作者は福岡の人なので、シリーズ前半では福岡藩が舞台で福岡・博多の風物が楽しめる。
本作よりお江戸が舞台となり、福岡黒田藩藩邸が赤坂溜池にあった事が分かる。

あれ? 赤坂溜池だとぉ?
サントリーじゃぁないですか!

昔この辺りは大きな水溜りだったそうで、2代将軍秀忠が琵琶湖から鯉鮒を泳がせたそうな。
「小名木川」では、そんな溜池で釣に興じる藩士が主人公。
大失敗しちゃうけどね。

このシリーズはどうせ読むなら第1巻からお読みする事をお薦めしますが、
本書だけ読んでも問題ない。
ですが、きっと第1巻から読み始めたくなるでしょう。
大事件や怪事件は出てきませんが、そんな主題が無くとも
珠玉の小品はできることが分かる佳い作品集です。


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply