FC2ブログ
バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

中島らも 「今夜、すべてのバーで」 の読書感想。

中島らも
  • comment0
  • trackback0
中島らも 「今夜、すべてのバーで」  講談社文庫


中島らも 「今夜、すべてのバーで」  講談社文庫


最近いろんなジャンルに挑戦したい気力に溢れてまして、本書もそんな一環。

一言でいうとアル中闘病記、なんですが、それだけで終わって無いので
吉川英治文学新人賞受賞作。

いきなり、入院しようとするところから始まるんですが、
おいおいナゼ主人公はアル中に成り果てたのかが分かってきます。

アル中について、主人公もしくは著者は相当丹念に調べています。
ただ丹に酔っ払いおやじが健康を取り戻してゆく、のでは無く、
冷静に、文学かつ医学的に時間が過ぎてゆく。

私はアル中自体が嫌いなため、本書も引き込まれつつ好きにはなれませんでした。
お酒やアル中を少し美化しているようにも思え、感心しません。
もちろん、お薦めも致しません。


 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply