FC2ブログ
バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

山田風太郎 「怪異投込寺」 の読書感想。

山田風太郎
  • comment0
  • trackback0
山田風太郎 「怪異投込寺」 集英社文庫

山田風太郎  「怪異投込寺」  集英社文庫


江戸時代を舞台にした妖艶・怪異もの5編を収録。

「踏絵の軍師」
歴史の「その後」が好きな人には、
竹中半兵衛の子孫がどうなったかは気になるところ。

半兵衛死後、七歳になる喜平治が勢州長島六万石を
秀吉から賜るが、小牧長久手の戦いで秀吉に反抗。

一挙に百五十石の捨扶持状態になる。
しかし、その後関が原の戦いで盛り返し、
豊後府内二万石の大名となる。

本編の主人公はその子、
采女正が長崎奉行として切支丹弾圧を行うが...。


「怪異投込寺」
ここでは葛飾北斎と東洲斎写楽が、
不思議な巡り合わせで物語は進んでゆく。

花魁・地獄大夫を中心とした妖しくも美しい世界の描き方は、
風太郎ならではの物。

他にも「芍薬屋夫人」「獣人の獄」「地獄大夫」と妖しい題名の小説ばかり。
それでいて気品を失わない文体は流石、夏の夜に一読をお薦め。


 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply