バイトの労働条件

南條範夫  『傍若無人剣』  の読書感想。

南條範夫  『傍若無人剣』

南條範夫  『傍若無人剣』  春陽文庫

前田利家の甥、前田慶二郎利太(とします)が主人公です。
かつて少年ジャンプでもその傾き者ぶりが華麗豪快に描かれていた、
あの「花の慶二郎(花の慶次)」そのままの小説です。
  
前田利家の兄の子という事は、前田家の正嫡であるわけだが、
慶二郎は前田家を飛び出して上杉家に身を寄せる。
当時でも一級の傾き者であった慶二郎ですが、上杉家をより所に
天下の徳川家と一戦を試みます。
  
関ヶ原の合戦によって西軍は大敗を喫し、上杉家も敗北。
会津百五十万石から米沢三十二万石へ大幅削封となる。
この後も上杉家は不運に見舞われ、十五万石まで減ってゆくのだが...。
  
  
ちなみにこの作品は(株)春陽堂書店の春陽文庫にて楽しめるのだが、
みなさんは春陽文庫は体験済みでしょうか?
山手樹一郎とか颯手達治がズラリと揃えられております。
私の父は、今になってこういった作家が面白い、などと申しておりますが
私が彼らに触手を伸ばすのはいつの日になるのでしょうか。
「若さま」シリーズなんかが紹介してあるメルマガがあっても、
いいと思うんですが。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト
南條範夫傍若無人春陽文庫

Comments 0

Leave a reply