バイトの労働条件

山田風太郎  『警視庁草紙』(上・下)  の読書感想。

山田風太郎  『警視庁草紙』(上・下)

山田風太郎  『警視庁草紙』(上・下)  新潮文庫

風太郎は明治モノをたくさん書いてます。
私は戦国から江戸中期までの歴史・時代物を読んできたのですが、
読めば読むほど後の時代の方が面白い。
  
現状の出版されている書物の中では、ここで幕末・新撰組系の書物が
しこたま陳列されてるんですが、あたしゃこの先の時代が読みたい。
そう!明治大正ものさ。
私見ですが、近い将来、必ずこの明治大正期の歴史モノが脚光を浴びますですよ。
だって、ライバルといえばこの風太郎くらいなんだもん
(強敵ですが...)。
  
明治政府草創の警視庁を中心に起こる怪事件。
大警視川路利良とその部下たち(巡査)VS元南町奉行駒井相模守や
元同心千羽兵四郎。
明治初期に活躍する実在の人物・西郷・大久保・井上馨・伊藤博文はもとより、
三遊亭円朝・森鴎外・幸田露伴・樋口一葉・・・。
  
連作短編集の形は取ってはありますが、大きな流れで物語りは連なっており、
最後は西南戦争が全てを飲み込んでいく様はうまい作り方です。
明治モノはまだまだ数が少なく、珍奇な事件も盛り沢山ですから、
今後は傑作が続々と出てくるジャンルだと思います。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
山田風太郎警視庁新潮文庫

Comments 0

Leave a reply