バイトの労働条件

山田悠介  『リアル鬼ごっこ』 の読書感想。

山田悠介  『リアル鬼ごっこ』

山田悠介  『リアル鬼ごっこ』  幻冬舎文庫

最近、ミーハー路線に手を出している隊員です...。
自分の欲する分野もいいけど、多くの人が手を出している作品にも、
何らかの旨味があるのだろうと思えてきた。
昨夜は目白で「四日間の奇蹟」を衝動買いしちゃったしな。
本書もそんなベストセラーとなった一書。
  
今から遥か未来、日本は王国となっていて、馬鹿な王様が統治している。

ところがこの王様の苗字は「山田」。
尊貴なる王の苗字が「山田」というありふれた苗字とは、
如何とも我慢がならない。
そこで王様は一週間「鬼ごっこ」をして、
国中の「山田」をひっ捕らえようと発令すると...。
  
設定自体は面白いです。
全国の山田さんや鈴木さんは、どうしてこうも自分たちの苗字の人間が
多いものかと思われた事がおありでしょう。
(ちなみに隊員はつまんない漢字の組み合わせで出来た苗字ですが、
今までに一度も同姓の人と身近になった事がないです)
  
私は日本史が大好きなので、苗字がどんどん増えていく過程を知っていますが、
明治時代になって法制化されたことによって苗字を
勝手に変更できないようになりました。
しかしこうも同姓の人が多い場合は、そこそこの理由があるのなら
苗字の多い人の変更を認めてはどうでしょう?
  
たとえば。
本年の同姓トップ・ワンが「佐藤」さんだったとする。
すると、その年は「佐藤」さんだけは、苗字の変更が可能となるのです。
 
勿論変えたくない人はそのままで良い。
しかし、そもそも「佐藤」とは佐渡の藤原家が略して「佐藤」と
名乗ったケースが多いそうな。
そこで、今、東京(武蔵)に住んでいる佐藤さんは「武蔵の佐藤」略して
「武藤」に変える、といった風に理由が正当なら変更OKとする。
そうすると全国で佐藤さんが減るだろうから、来年は鈴木さん...。
というのはどうでしょうか。

絶対無理な話なんだろうなぁ。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply