バイトの労働条件

海音寺潮五郎  『加藤清正』(上・下) の読書感想。

海音寺潮五郎  『加藤清正』(上・下)

海音寺潮五郎  『加藤清正』(上・下) 文春文庫

豊臣秀吉に十五歳で仕え、没するまでを描いた歴史長編。
久々の海音寺作品なんでしたが、なかなかスイスイと快読できました。
海音寺得意の史伝というよりは歴史小説といった趣きで、
晦渋な箇所も無かった。
  
加藤清正と云えば、賎ヶ嶽や虎退治、最期は肥後で熊本城、といった辺りですが、
こうやって読んでみると知らないことも多かった。
  
作品では朝鮮出兵でのエピソードと肥後熊本統治のエピソードに力を入れており、
後に清正の馬鹿息子が所領没収の憂き目に合うのに、
清正とその息子への愛情を描いております。
もう少し厳しく息子を育てていたら加藤家は...と思いますが、
外様大名としては大きくなりすぎた。
  
五万石あたりに留まっていれば、明治まで続いたのかも知れぬと思うと、
人の世の儚さを感じます。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー
↑もし良かったら、ポチして下さると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply