バイトの労働条件

乱読!!ドクショ突撃隊♪ブログ。

ARTICLE PAGE

稲垣史生  『お家騒動』

未分類
  • comment0
  • trackback0
稲垣史生  『お家騒動』

稲垣史生  『お家騒動』  文春文庫
  
    
拙者、お家騒動モノに目が無い。
他家のてんやわんやが大好きなのである。
  
有名な黒田騒動・伊達騒動・加賀騒動なんてもう厭きた。
もっともっと刺激的な、見知らぬ町のドロドロした「お話」が読みたい。
  
そんな熱い期待を抱いて、本書を読み進めた。
  
江戸期の有名どころは全て抑え、正義の「お為方」と悪漢の「逆意方」は
見方次第でどうにでも変わる、という事を伝えている。
  
よっぽどの悪人でないかぎり、みんなそれぞれ自分が
正しいと思った事を進めている。
それが人によっては迷惑な話であり、不謹慎な考えになるだけである。
  
人間は太古の昔から徒党を組んで争ってきた。
単なる欲望の趣くままに、征服欲のままに推し進めている人もいるのだろうけど、
それが結局はなんになるのか、考えてもらいたいものだ。
 
本書では総計15家の騒動を解説しているが、江戸三百藩の全てに
何らかの騒動は一度や二度はあったはずだ。
それを上手く揉み消せたか、大事になる前に鎮火させれたかによるだけで、
コンニチに伝承される・されないの世界なのだ。
 
でも、人様んちの騒動は面白い。
ここらへんが、私の救いようの無い煩悩のなせるわざである。


FC2 Blog Ranking 
人気blogランキングへ ランキングバナー

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply